耐用年数とメンテナンス周期がカギ

防水工事はどんなものかあるのか

防水工事の多くはコンクリート建造物などにやることになります。木造住宅などではないのか、といえばなくもないのですがその場合は防水処理ではなく、塗装ということになります。コンクリートは水など受け付けないような形に見えるのですが実は徐々にではありますが浸透していっています。そして、これがコンクリートの劣化を招くことになりますから、表面だけでも防水処理することによって、水が染みこむことを防ぐことができるようになります。

いくつも種類、やり方がありますがその一つになっているのが熱工法というものです。熱風溶着機などにおいて加熱、溶融したアスファルトを積層していくことになります。要するに多少語弊を恐れずいいますと焼いて堅くしたアスファルトルーフィングシートで水を防ぐ、という方法になります。高温作業が必要になりますからかなり危険でもあるのですが火を出すわけではありませんし、一人でも十分にやっていくことができますから物凄く効率がよい防水工事のひとつになっています。

後はワックスを塗るということも十分に防水工事の一つになります。塗装とは水が入ってこないように膜を張るようなことと同じになりますからコンクリートの上から防水性のある塗装をするだけでも効果はあります。

防水工事は一回したらいい?

最近は、いきなりとんでもない量の雨が降ったりする現象も起きて怖い感じもしますよね。一度に多量の雨が降ると、予想もしていない所から雨が漏ってきたりします。家の中が濡れるとカビが生えたり、最悪な場合は建材が腐ったりして全面リフォームなんて事にもなりかねません。そんな事態を回避する対策として、今回は防水工事についてみていきましょう。

なぜ防水工事が必要なのか?それは水の力が凄いからです。固い岩石も水が削ったり砕いたりしますし、鉄なんかも水が原因で錆びたりします。

私たちが住んでいる家も、屋根や外壁の素材は風雨によるダメージを受け続けていて、放置しておいたら劣化してヒビが入り、そこから雨漏りが発生します。それを防ぐ為に防水工事を行うわけですが、工事で使用した素材も永久に効果を発揮するわけではありません。やはり風雨の影響を受けて劣化していきます。ですから定期的な工事が必要となってくるわけです。定期的にするものだからこそ、耐用年数とメンテナンスのしやすさに重点をおいて考えたいですね。

耐用年数の長さでいくとアスファルト防水という方法が最も適しています。他の方法に比べてややお値段が高いですが、雨漏りして全面リフォームをする費用に比べたら安くつきます。工事も定期的にすることを考えたら、地元の業者で信頼できるところを選ぶのがいいですね。地元で長く続いている業者は信頼も厚い場合が多いです。

Recommend Contents

  • ネットから調べる防水工事の専門業者

    雨漏りを防ぐには防水工事の専門業者がオススメ 屋根からの雨漏りでお悩みの方、雨漏りといえば屋根…

    » 続きはコチラ

  • 業者選びのポイント

    雨漏りに気づいたら早めの防水工事を 雨漏りに気づいた時にしておきたいのが、防水工事です。漏れて…

    » 続きはコチラ

  • 耐用年数とメンテナンス周期がカギ

    防水工事はどんなものかあるのか 防水工事の多くはコンクリート建造物などにやることになります。木…

    » 続きはコチラ